鳥の本

野鳥一般

  • カラスの早起き、スズメの寝坊―文化鳥類学のおもしろさ
    柴田 敏隆 (著)

鳥にまつわる雑学でもありますが、アオバズクにラブコールを送ったり、子供たちに半野生化した鶏をつかまえてみろとけしかけたりする著者のユーモラスなところも伺えます。

  • スズメの少子化、カラスのいじめ
    安西 英明 (著)

都会で、身近に見ることができるスズメなどの鳥の観察から、野鳥の世界を知る入門書といった感じの本です。新書版なので、手軽に読めるところがいいです。

  • 大都会を生きる野鳥たち―都市鳥(アーバンバーズ)が語るヒト・街・緑・水
    川内 博 (著)

都市に生きる鳥たちの観察や考察が書かれた本です。カラー写真もあるし、本文にも写真が掲載されています。各鳥の説明が、10Pぐらいなので、読みやすいです。

  • 鳥たちの旅―渡り鳥の衛星追跡
    樋口 広芳 (著)

渡り鳥に送信機を装着して、その結果を衛星から追跡した結果を紹介した本です。コハクチョウ、マナヅル、サシバ、ハチクマの経路が詳しく紹介されています。
その他、衛星追跡の方法や、渡り鳥の旅路の特徴、旅先の自然、渡り鳥の生活、これからの環境の保全、衛星追跡の課題などが、書かれています。

  • 庭にきた鳥―いのちのドラマを家族でみる
    佐藤 信治 (著)
    出版社:農山漁村文化協会

45年間にわたって著者の家の庭に来た鳥、植物、虫、はちゅう類との交遊録です。餌台の鳥や、雛に給餌している鳥など、鳥たちの自然の姿の写真が豊富です。その他、花々の紹介、ムシや爬虫類を観察した写真なども載っています。、


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-08-07 (金) 18:30:07 (4014d)
Copyright © Birdist Bee Co, Ltd., All right reserved.

このホームページで使用している画像・テキストの無断転載を禁じます。